ベビーベッドは賢くレンタルがお得|経済的にもゆとりのある育児

デリケートな肌を守る

赤ちゃんの肌は、大人と比較してかなりデリケートです。これが新生児となれば、空気に触れるだけで乾燥しやすく、すぐに湿疹がでたり、肌が赤くなったりすることがあります。そんなデリケートな赤ちゃんの肌を守るためにも洋服の洗濯は赤ちゃんと大人で分けたほうが良いのです。更に、普段使っている洗剤だと界面活性剤や蛍光増白剤などの成分が含まれていることがほとんどです。これらの成分はデリケートな赤ちゃんの肌には良くありません。洗剤は無添加のものを選んで洗濯することが大切です。また、無添加の洗剤を使っているから他に注意することが無いかといえばそうではありません。せっかく洗濯をした赤ちゃんの服に洗剤の成分が残っていては無添加の洗剤を使用した意味がありません。すすぎを念入りにすることが重要となってくるのです。赤ちゃんは、着ている服を舐めたり・吸ったりと口に含んでしまうことが多いです。なので、前述のとおり大人とは分けて洗濯をする。洗剤は無添加のものを使用する。すすぎは洗剤成分が残らないよう念入りにする。以上のことが必要となります。また、赤ちゃんはどうしてもトイレを自分ではすることは出来ません。おむつにすることになります。布タイプであれば必須ですが、紙タイプのおむつでもおしっこやうんちの洋服への付着は避けて通れません。その場合、赤ちゃんの洗濯用としてバケツを用意し、漬け置きをしてから洗濯をすると良いでしょう。漬け置きをせずに洗濯をしてしまうと、他の洗濯物にも汚れが付着してしまいます。デリケートな赤ちゃんの肌を、適切な洗濯方法で守っていくのも親の使命と言えるでしょう。